正しいスキンケアで美肌を守る|オールインワン化粧品で簡単肌手入れ

肌荒れを防ぐ洗顔ケア

石鹸

毎日の洗顔は、美肌のためのスキンケアの基本です。にきび対策でも洗顔は非常に重要で、初期のにきびならば洗顔だけで改善される場合もあります。しかし、誤った洗顔方法では、にきびを治すどころか悪化させてしまう恐れがあるので、正しい洗顔と洗顔料選びを身につけましょう。まず、洗顔は朝晩のみで十分です。一日に何度も洗うと、肌のバリア機能が働き、皮脂の分泌が活発になってしまいます。洗顔料には、にきびを刺激しない肌に優しい洗顔石鹸がおすすめです。洗顔の前にはメイクをクレンジングで落とし、毛穴まで泡が行き届くように石鹸をよく泡立て、指の腹で泡を転がすように洗います。そして、すすぎをしっかり行います。洗顔料は肌に残さずに洗い流すものなので、石鹸成分が残ったままでは、肌を刺激してしまいます。

にきびができた肌を刺激が強い洗顔料で洗うのは、にきび対策には厳禁です。にきびがある肌は少しの刺激でもトラブルを起こしやすいので、肌に負担をかけない洗顔石鹸を使うようにしましょう。合成界面活性剤でできた洗顔料はにきびを刺激してしまうので、ナチュラル志向の無添加石鹸が人気を集めています。石けん素地やカリ石けん素地と書かれているもので、保湿や抗菌成分など、にきびの改善に効果が期待できる成分が配合されているものが良いでしょう。これらは、肌への刺激が少なく泡立ちも良いので、濃密な泡が皮脂や汚れをきちんと吸着してくれます。洗浄力の強い洗顔料は、それだけで刺激が強すぎてにきびの原因となるので使用は控えるようにします。